インプラントImplant

当院のインプラント治療についてご紹介しております。

IMPLANT

インプラント

インプラントとは?

歯の失われた部分にチタン製の歯根を埋め込んで
人工歯の支えとするのがインプラント(人工歯根)治療です。

入れ歯のように取り外したり、痛くて噛めないということはございません。
またブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要もございません。

歯を抜けたままにしておくと

歯を抜けたままに放置しておきますと噛み合わせや見た目などに悪影響を及ぼします。
以下に項目別にご説明致します。

機能面(噛み合わせ)での影響
抜けた歯にかみ合っていた歯が動いてくる。
抜けた歯の両隣の歯が傾いてくる。
※上記の理由などにより、咬み合わせに異常を生じます。
審美面(見た目)での影響
見た目がよくない。
歯ぐきの位置が下がってくる。
顔の輪郭が変わってくる、口元にしわが寄り、老けてみられる。
生活面での影響
しっかり噛めないことで胃腸に負担がかかる。
うまく発音が出来なくなる。
噛めない事により、脳への刺激が減少する。

他の治療方法との比較

インプラントは、他の治療方法と比較してメリットが多く、
デメリットと言える点は、手術が必要で必ずしも全員が受けられるものではないこと、
そして自費診療であることです。ぜひご相談下さい。

インプラントの症例

歯の破折から、インプラント治療を行った症例

<初診時>

右上の3根が破折したことにより上顎前歯のブリッジが脱離しました。

 

<インプラントオペ後1週間>

<オペ後3か月時 型取り>

<インプラント セット時>

上顎に2本インプラントを埋入し、オーバーデンチャーにした症例
 

<治療前>

 

<作成したオーバーデンチャーと、固定用のインプラント>

 
 

<装着の様子と実際の見た目>

ページ
最上部
TOP
PAGE
Mail